大分市PTA連合会について
各種ダウンロード
大分市PTA新聞かがやき

市P連会長あいさつ

会長3年目を務めます赤峯慎太郎です。
会員各位ならびに関係する皆様においては、平素より各単位PTAおよび連合会活動へのご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。
誰一人として予想することのできなかった状況が訪れ、社会が今後どうなっていくのか大きな不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。
大分市連合会では、定期総会を書面表決で行うほか、例年開催してきた行事の一部を中止し、主要な会議等も可能な限り3蜜を避けて行っているところです。単位PTAにおいても、1学期の活動を中止したり、活動を縮小したりといった対応を行っていると聞いています。中には新年度のスタートが切れていない単位PTAも少なくないようです。

本当に、これまでより大幅に変化した新しい生活様式が定着していくのか、はたまた、嵐が過ぎ去り、過去の出来事となってしまうのか? 先の見えない状況は変わりません。

このような状況の中、大分市では、学校の通常登校が再開となり、校舎いっぱいに子どもたちの元気な姿と明るい笑顔が見られるようになったことは、とてもうれしいことです。

まずは、世の中が正常の生活に戻り、子どもたちが安心して学校教育を受けることができる環境を整えていくことが大切だと考えます。
混沌とした状態ではありますが、これを機にPTAのあるべき姿を見つめ直し、将来にわたって皆で力を合わせ、学校現場を元気にできる存在であり続けたいものです。これまで以上にしっかりつながって多くの意見を交換し、将来に引き継ぐ礎となれるようこの一年間で取り組んでいきます。


大分市PTA連合会
会長 赤峯慎太郎

お知らせ・新着情報

大分市PTA新聞 かがやき 第114号(令和2年8月4日発行)
ページトップに戻る